妊娠したら顎にニキビができた|ホルモンバランスを整えて改善を

妊娠が分かった途端にニキビが噴出!

 

今までできたことがない顎にニキビがいっぱい登場しちゃった、どうしよう。

 

妊婦だから薬は使いたくない、でもこのままだとニキビ跡が残っちゃう・・・

 

とお悩みの女性へ。

妊娠後のニキビの原因はホルモンバランス

妊娠の際にニキビができるのは、ホルモンバランスが乱れてしまうからなのです。

 

女性の体というのは、エストロゲンとプロゲステロンという
2つの女性ホルモンの支配下にあります。

 

エストロゲンは、肌や髪を美しく保ち、代謝を促したり
肥満を予防したりする働きがあるため「美人ホルモン」と呼ばれます。

 

そしてもう1つのプロゲステロンは妊娠に関わるホルモン。
赤ちゃんが宿る子宮の状態を整えたり、体内に水分を蓄えたりする働きの他に、
イライラを引き起こしたり、皮脂の分泌を増やしたり、
メラニンの生成を促進させたりする働きがあります。

 

妊娠すると当然妊娠を持続させるためにこのプロゲステロンが優位に立つのです。
妊娠する前にもこのプロゲステロンが優位に立つことがあります。
それがいわゆる生理前ニキビやPMSに悩まされる時期と重なるのです。

 

プロゲステロンの分泌が減少すると困るのですが、
はるかに優位に立たれてしまうと皮脂が過剰に分泌され続けます。

 

男性ホルモン様の働きをするため、
あごやフェイスラインなど髭が生える部分に皮脂が集中し、
ニキビが出やすくなるという訳です。

 

それがストレスになって余計ニキビが増えてしまうという悪循環に陥る場合もあります。

ホルモンバランスを保つには

これらの症状を改善させるためにはホルモンのバランスを保つ必要があります。
ホルモンの分泌を整えるためには、いろいろな栄養素をまんべんなく取り入れていくのがベストです。

 

ビタミンやミネラルの中には、ホルモンの分泌を整えるもの、促すもの、
そして皮脂の分泌を抑制する作用があるものが見受けられます。

 

ビタミンやミネラルが不足しないように栄養バランスを意識した食事をすることが大切ですが、
食事で補えていないと感じた場合にはサプリメントなどでその栄養素をプラスしましょう。

 

いろいろな成分をまんべんなく、必要量取れる優秀なものがありますよ。

 

>>妊婦の弱った皮膚を強化する27種類のビタミンとミネラル