妊娠したら皮膚が弱くなってケアができない|内側から肌を守るために

妊娠するとお肌が弱くなってしまう人がとても多いです。

 

妊娠時に起こるトラブルで多い物の中に入るのが
「敏感肌になってしまった」というもの。

 

これは顔だけに限らず体のあちこちが
刺激に弱くなってしまうという困った症状です。
今までは平気だった化粧品が使えなくなる、
当たり前のように着ていた服がこすれてかゆくなる、
ボディークリームがしみて使えなくなるなどの経験がある人も多いはず。

なんで妊娠するとお肌が弱くなるの?

これらはすべて、お肌のバリア機能が低下していることに関係してきます。

 

女性のお肌は、その時優位に立つ女性ホルモンからの影響を大きく受けます。
2種類ある女性ホルモンのうち、エストロゲンが多い時期は、
お肌のバリア機能が強化され、
ちょっとした刺激にも負けない美しいお肌をキープできます。

 

しかし、プロゲステロンが多くなるとバリア機能が低下し、
肌荒れや吹き出物などのトラブルが起こりやすくなります。
ちょうど生理前の肌トラブルが多い時期と同じような症状が出るのです。

 

妊娠するとプロゲステロンの分泌量がぐっと増えます。
これは子宮環境を整え、
赤ちゃんがお腹でしっかり育ってくれるようにする働きがあるからです。

 

妊娠を継続するには欠かせないホルモンですが、
お肌にはこのようにこまった影響を及ぼしてくれるのです。

産後に残らないようにしっかりケアを!

ホルモンバランスのせいなら仕方ない、と放置しておくとそれも大変です。
肌が弱っているからこそ、紫外線などのダメージを受けやすくなっていて、
それは産後もしっかり残るのです。

 

吹き出物の跡なども色素沈着として残りやすくなっていますから、
内側からトラブルを寄せ付けない強い肌になるようサポートするのが得策です。

じゃあ具体的に何を摂れば良いの?

お肌を強くする成分の代表と言えばビタミンCとビオチンです。

 

この2つは美肌に欠かせないとされます。
不足すると妊娠時でなくとも肌トラブルを起こしやすいので意識してとりたいもの。
細胞の活性化を助ける葉酸や抗酸化作用のあるセレンなども
お肌を健やかに保つために必要です。

 

すべてが入った食品というのはないので、
色んな種類をバランスよく摂取していかねばなりませんが、
補助としてサプリメントを使うとより確実です。
これらがたっぷり配合されたものがあります。

 

>>たった4粒で27種類のビタミン・ミネラルを摂取