今まで使っていた化粧品がしみる|妊娠中のホルモンバランスが原因

この頃肌の状態がすごく悪い気がする・・・。

 

具合も悪いし、もしかして・・・と産婦人科に行ってみたらおめでただった。

 

妊娠の兆候といえば眠くなる、吐き気がするなどのイメージが強いですが、
実はお肌の変化で気づく場合もあります。

 

昨日までは使っても平気だった化粧水が、
今日つけたらヒリヒリして赤くなってしまったということも。
一夜にして肌質が変わってしまう、それも妊娠中にはあり得ることなのです。

なんで妊娠すると肌質が変わるの?

妊娠が成立すると、黄体ホルモンの分泌が増加。
そのおかげで子宮内の環境が整い、流産を防ぐことができるのです。
妊娠初期にはとにかくしっかり働いてほしいホルモン。
体が分泌量を増やすのも当然なのです。

 

この黄体ホルモンの分泌が増えると、
なぜかお肌のバリア機能が低下していくのです。
そもそもバリア機能を強化してくれるのは
もう1つの女性ホルモンである卵胞ホルモン。

 

ですから、極端にその差が出た時には
いつも以上にバリア機能の低下スピードが速いため、
突然化粧品がしみるようになったりする敏感肌を引き起こしてしまうのです。

敏感肌になったらどうすれば良いの?

この時期はとにかく肌に刺激をあたえないことが一番です。
敏感になってしまったお肌に対応しつつ、
妊娠によって乱れてしまったホルモンバランスを少しずつ調整していきましょう。

卵巣を温める

女性ホルモンの分泌をつかさどるのは卵巣。
冷えのダメージを受けやすい部分なので、しっかり温めましょう。
冷えはお腹の赤ちゃんにも悪影響です。
ホルモンバランスを整えるためにも、
赤ちゃんのためにも血流が良くなるように冷えからガードしてくださいね。

しっかり栄養を摂る

分泌を良くし、血流でしっかり運んでもらうためには
栄養のバランスを整えるのが最優先事項となります。

 

通常の敏感肌の改善のためにも、内側からのケアは必須ですから、
たんぱく質はもちろんのこと、なかなか必要量を摂取するのが難しい
ビタミンやミネラルもたっぷりとりましょう。

 

食事だけでは補給が難しいと感じたら栄養補助食品を使ってもOKです。
毎日続けられるものを選べば、ホルモンバランスも整い、
敏感肌のお悩みも徐々に改善されていきます。
赤ちゃんのためにも、栄養バランスのとれた無添加の物を選びましょう。
おススメのものがあります。

 

>>ちょっとした刺激にも負けないお肌を作るための27種類のビタミン・ミネラル