乾燥肌に悩む妊婦さん|化粧品で解決しようとしている女性へ

妊娠に喜んでいたのもつかの間。

 

何だか妙にお肌がカサつく・・・。

 

顔はもちろん、体もカサカサしてかゆみを感じる。

 

妊娠してからお肌の乾燥に悩む方がいらっしゃいます。

 

実はそれ、妊娠性の敏感肌からきているものかもしれません。

 

女性のお肌の美しさを保つのは、
女性ホルモンの中でもエストロゲンと言われるものです。
美人ホルモンとも呼ばれるものです。

妊娠すると別の女性ホルモンが増える

しかし、妊娠するとプロゲステロンという
もう1つの女性ホルモンの方がぐっと増えます。
プロゲステロンは体に水分を蓄えて、肌に潤いを与えるはずなのですが、
同時にお肌のバリア機能も低下させてしまうのです。

 

また、男性ホルモンのような働きをするため、皮脂も増えます。
べたつくけど乾燥するという何とも言えない状態になってしまうこともしばしばなのです。

化粧品だけで治そうとするのはちょっと危険かも

化粧品で解決しようと考えているかもしれませんが、
乾燥肌だけではなく敏感肌にもなっている妊娠中のお肌には
新しいコスメはちょっと危険です。

 

逆に肌荒れやかゆみ、乾燥を引き起こしてしまう事もあります。
肌がゆらいでいるこの時期は、新しい化粧品を使うのはちょっと待って。

お肌に良い栄養の摂取を

代わりにお肌の栄養となる成分を
直接口から取り入れる方に力を入れましょう。
お肌の調子もお腹の赤ちゃんの状態も
ベストな状態に保つためには、栄養バランスが大事です。

 

好き嫌いせず、まんべんなく栄養を取りましょう・・・

 

と言いたいところですが、これが難しいのです。
特につわりの時期などはろくに食べることもできませんよね?

 

そんな時には、思い切ってサプリメントを活用しましょう。
その時にはぜひ、単品ではなくいろいろなビタミンや
ミネラルが配合されている複合型にしてください。
そうすることで、1つの栄養素を取りすぎることがなくなります。

原材料にも気をつけて!

また、原材料にも注意をしましょう。
添加物が多い物だと、逆にそれが原因となって
お肌のトラブルが起こることもあります。
無添加で、刺激になる保存料が入っていなくて、
たくさんの種類のビタミンやミネラルが一度にとれるものです。
妊娠中の体を元気に保つ葉酸が配合されているものを選ぶのもポイント。

 

そんな注文を楽々叶えてくれるサプリメントがちゃんとあります。

 

>>「これを飲んでから乾燥しがちな肌に潤いが!」