妊娠したらカミソリ負けするようになった|肌を強くする栄養成分とは?

結婚式を控えていると、顔そりを行うことが多いです。

 

今は妊婦さんでも着られるドレスが増えているので、
妊娠したからと言って結婚式を諦めなくて
良くなったのがとても嬉しいところです。

 

しかし、妊娠するとドレスをきれいに着こなすための顔そりや
デコルテの産毛そりができなくなる人がいます。
カミソリ負けをするようになってしまうのです。

 

妊娠するとプロゲステロンの分泌が増えて
生理前の状態と同じような状況になります。
この時期は肌トラブルに悩まされる人も多かったはず。

 

今回の原因も、プロゲステロンの分泌が増えたことによる肌バリアの低下なのです。

 

私たちのお肌は肌バリア機能が高いと多少の刺激には負けません。
カミソリで多少顔の表面の角質が削り取られても
かえって美肌になると言われているくらいなのですが、
お肌が弱っているとそれが強い刺激となり、
赤くなってかぶれてしまったりかゆみが出たりするのです。

 

この状態は放置すれば長く続く人もいますから、
出来る限りの対策を取りたいものです。

カミソリに負けないお肌を作るために

化粧品自体を敏感肌用に変えたり、
バリア機能を高める成分が入っているものを選んだりするのも1つ。

 

でも、外側からのケアはいつできなくなるか分からないのが妊娠中です。
ホルモンバランスが大きく変わるので、
昨日使ったコスメが今日はダメなんていうこともあります。

強い肌を作るための2つの栄養素

その点、内側から肌を強くするためのケアならば安心です。
強い肌を作る成分はビタミンCとビオチンです。

 

この2つは両方同時に摂ることで相乗効果を発揮します。

 

ビオチンは肌の再生に強く働きかけてくれるので、
カミソリ負けしてしまったお肌を改善したり、
弱った肌のパワーを底上げしたりしてくれます。

 

それをビタミンCが後押しする感じです。

葉酸も欠かせない

また、妊婦さんに必要とされる葉酸も
細胞の生成を助ける効果があります。

 

これらを重点的にチェックしつつあらゆるビタミンや
ミネラルをバランスよく体内に取り入れ、
カミソリ負けしたお肌をもとに戻し、
かつそれ以上負けない強いお肌に仕上げていきましょう。

 

ホルモンのバランスを整える作用がある成分も一緒に摂取できるサプリメント
があるのでぜひ利用してみてください。

 

>>カミソリに負けないお肌を作るための27種類ビタミンとミネラル