肝斑の治療をお考えの妊娠中の方|お肌を活性化させる成分の摂取を

肝斑は、頬の両側に対象にできるもやっとしたシミです。

 

今までは気付かなかったのに、
妊娠すると急激に濃く、
目立つようになる人もいます。

 

色が白いかたなどはなおさら。
大きなシミが見えて、子どもを生んだら治療を・・・
と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、妊娠中にできる肝斑は「妊娠性肝斑」
と呼ばれるものの確率が高いのです。

 

顔だけではなく、体中のいたるところのシミや
色素沈着が目立つようになるという症状で、
妊娠中のホルモンバランスの乱れが大きな原因だと言われています。

レーザー治療を予約するのはちょっと待って

この大半は、産後に改善していくと言われています。
ですから、今のうちにレーザー治療などの予約をするのは
ちょっと待って欲しいのです。

 

とはいえ、何もしなければ産後にしっかり残ってしまう可能性も否めません。
というのも、妊娠中に肝斑や黒ずみが濃くなるのは、
メラノサイトがホルモンによって活性化されているからなのです。
妊娠を維持するために欠かせない黄体ホルモンは
メラノサイト刺激ホルモンを分泌させる作用も持っています。

まずは紫外線対策を

ですから、いつものように浴びている紫外線に対し、
妊娠中のメラノサイトは2倍反応すると考えてください。

 

ですから、紫外線対策をしっかりしておかないと
メラニンは増え続けていきます。
メラノサイトの活性が落ち着いた後でも、
メラニンは消えませんから、
肝斑も残ってしまったりするのです。

次はしっかり栄養を摂ってお肌のターンオーバーを促進させましょう

それを防ぐために必要なのは、お肌の細胞を活性化させ、
ターンオーバーを正常に行うための美容成分を
きちんと体内に入れておくことです。

 

美白作用も美肌作用もあるとして有名なのは、
万能ビタミンと呼ばれるビタミンCですね。
これは妊娠性肝斑対策としても取り入れることが勧められている成分です。

 

そして、活性酸素を除去し、お肌の細胞を守るβカロチンや、
細胞の代謝を高める亜鉛、ビタミンCの働きを助けるパントテン酸、
細胞の再生を助ける葉酸なども一緒に摂取することをお勧めしています。

 

どれかだけ大量に摂るのではなく、
いろんなものをバランスよく摂取することが体の調子を整え、
お肌を活性化させて肝斑を追い出すことに繋がります。

 

そのために最適なものがあります。

 

>>27種類のビタミン・ミネラルで皮膚の代謝をアップさせる