妊娠中、肝斑が濃くなった|細胞の活性化をして代謝をアップ!

妊娠前はうっすらだったからあまり気にしていなかった肝斑が!

 

しかも、この頃徐々に濃くなっている気がする。

 

何だか一気に老け込んだみたいですごく気が滅入っちゃう。

 

これはどうしたらいいんだろう。

妊娠して肝斑ができるのはよくあること。一体どうして?

マタニティブルーも手伝ってすっかり凹んでしまうこともありますね。
妊娠中に肝斑などのシミが濃くなってしまうというのはじつはよくあることなのです。

 

妊娠すると、その状態を維持するために2つの女性ホルモンのうちの
黄体ホルモンが優位に立ちます。

 

この黄体ホルモンは、とても大切な働きをする反面、
メラノサイトを刺激してメラニンを増やすということをやってくれます。

 

通常よりもメラニンが作られやすいため、
いつもなら平気な程度の紫外線や刺激で
急激にシミができたり、濃くなったりしてしまうのです。

 

そもそも肝斑は女性ホルモンと密接な関わりがあると言われています。
そのため、ホルモンバランスが乱れてしまう妊娠中は起こりやすく、
「妊娠性肝斑」と呼ばれることもあります。

これ以上肝斑を濃くしないためにはどうすれば良いの?

@紫外線対策

対策としては、まずこれ以上肝斑を濃くしない、
増やさないために、とにかく紫外線を浴びないことです。
UVカットをいつもよりも念入りに行いましょう。

A栄養をしっかりとってターンオーバーを促進させる

そしてメラニンを作らせない努力と同時に、
メラニンを沈着させずに排出できるよう、
細胞を活性化してターンオーバーを促すことが大切になってきます。

ターンオーバーを促す栄養素

ターンオーバーを促進しさせるために、
細胞活性化のために欠かせないビタミンCやビオチン、
パントテン酸、ビタミンB群やβカロチン、葉酸などを
積極的に食事に取り入れていきましょう。

 

また、ホルモンのバランスをできる限り正常に近づけることができるように、
ホルモンバランスを整える作用のある亜鉛や
マグネシウム、カルシウム、ビタミンEなども必要です。

 

たくさんの種類をバランスよく、
そして必要量を的確に摂取して行くことで
細胞が活性化されてターンオーバーが正常になり、
色素沈着する前にメラニンを排出することができます。

 

妊娠中から代謝をアップしておかないと、
産後も肝斑が濃いまま残ってしまうこともあるので要注意です。

 

毎日欠かさず必須ビタミンやミネラルを口にするためには、
いつでもどこでも飲めるサプリメントが便利です。

 

>>27種類のビタミン・ミネラルで皮膚の代謝をアップさせる