肌荒れとニキビに悩む妊娠初期の女性|つわりで偏りがちな栄養を補う

妊娠初期に悩まされる症状として有名なのがつわりです。

 

このつわり、重い人も軽い人もいるのですが、
その原因は実は明らかになっていません。

 

体内に自分とは別のものが入っているための反応だとも言われます。
ひどい人は本当に栄養を摂取することができず入院する場合もあります。

栄養不足によるニキビ

それほどまではなくとも、栄養がしっかりとれず、
それが原因で肌荒れやニキビに悩まされることが結構あるようです。

 

特に妊娠初期にはホルモンのバランスが著しく乱れていますから、
優位に立っている黄体ホルモンの作用で肌はべたつきがち。

 

肌を美しく整えてくれるはずの卵胞ホルモンの分泌量が少ないため、
肌荒れも起こりやすくなります。

 

つわりによる栄養不足と、妊娠によるホルモンバランスの乱れが
重なっているのですから、お肌にトラブルが起こらないはずがないのです。

原因はわかったけど、そんなしっかり食べれないし・・・

とはいえ、つわりの間は食べられるものも量も少ないですし、
栄養を考えて食べるというのが一番難しい時期でもあります。

 

つわりの間は食べられるのがこれとこれだけ、という風に決まっいてた、
と回想するお母さんたちもいるくらいです。

 

食べ物から必要とされる全ての栄養を補うのが難しいならば、
栄養補助食品を活用しましょう。

 

赤ちゃんへの影響が心配な方は、添加物の入っていないもの
をチョイスすると赤ちゃんにも、お肌が敏感になっているママにも安心ですね。

ニキビの改善につながる成分

ニキビの原因となる皮脂分泌を抑えるビタミンC、
ホルモンバランスを整えてくれるビタミンB群、パントテン酸、亜鉛、ビタミンE。
自律神経を調整してつわりを軽減してくれる作用が期待される
カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも欠かせません。

 

できるだけ多くの種類のビタミンやミネラルをバランスよくとり、
食事が上手く取れずに偏りがちな妊娠初期の栄養状態をしっかり改善していけば、
肌荒れやニキビも徐々に改善されてきます。

 

食事がきちんととれるようになっても、
サプリメントなどは補助的に使っていると安心です。
葉酸が配合されているものだと、
妊娠中も産後も体を健やかに保つ手助けをしてくれるので理想的です。

 

>>食欲がなくてもこれで万全!たった4粒で27種類のビタミンとミネラルを摂取