妊娠初期にニキビができ始めた|ホルモン分泌を整えるケアとは?

お腹に赤ちゃんがいると分かってウキウキ♪

 

でもつわりは辛い。。

 

そしてそれ以上に気になるのが突如でき始めたニキビ!

 

ポツポツできる人はまだいいのですが、今まで悩まされたこともなかったのに
妊娠した途端にフェイスラインから額までびっしり、という人もいます。

 

妊娠初期のニキビに悩まされる人は少なくありません。
よく生理前になるとニキビができる、という人がいます。

 

原因は男性ホルモンのような働きをしてくれる
プロゲステロンの分泌量がエストロゲンの分泌量を上回るからです。

 

妊娠初期もまさにそれと同じ現象が起こります。
プロゲステロンは妊娠を継続させるためにとても大切な働きをします。

 

プロゲステロンってどんな働きをするの?

しかし、別名ブスホルモン(すごい名前(-_-;))と呼ばれるプロゲステロンは
他にも皮脂の分泌を増やしたり、
メラニンの製造工場であるメラノサイトを
活性化してメラニンを増やしたりもしてくれるのです。

 

また、水分を溜めこみ作用があるため、むくみなどに悩まされることもあります。
この皮脂の分泌を増やすという働きのせいでニキビが出てしまうのですね。
これらの不快な症状を少しでも早く押さえるために大切なのは、
ホルモンの分泌を正常に近付けることです。

 

じゃあホルモンバランスを整えるにはどうすれば良いの?

ホルモンの分泌を整えるためには、バランスよく栄養を毎日きちんととるのが一番です。
意識して摂り入れたい成分としては、女性ホルモンの代謝に関与し、
つわりも緩和してくれるというビタミンB6、ホルモンの分泌器官の
細胞膜の酸化を防ぐことによりホルモン分泌のバランスを整えるビタミンE、
ニキビなどの肌トラブルを緩和する効果があると言われているパントテン酸などです。

 

また、皮脂の抑制をしてくれるビタミンCもニキビができている時には有効です。
これらを含むあらゆるビタミンやミネラルを摂取することが最も望ましいのですが、
すべて食事から、というのは大変です。好きなものだけ食べるというのはダメですが、
栄養だけ考えて食事をするというのも味気ないものです。
そんな時には割り切って、栄養補助食品などを使ってみるのもいいでしょう。
カロリーもあまり気にしなくていいので体重増加を気にする妊婦さんには最適です。

 

>>天然素材100%だから安心!たった4粒を飲むだけのニキビケア