妊娠性肝斑の原因と治療法が知りたい|ビタミンやミネラル摂取が効果的

赤ちゃんがお腹の中に入ってから
何だかいろんなところの黒ずみやシミ、肝斑が気になる〜!

 

生活を特に変えたわけではないし、
美白化粧品だって使っているのにどうしてこんなになっちゃったのかな。

 

この原因はいったい何?

 

実は、妊婦さんは「妊娠性肝斑」に悩まされることがあるのです。

 

妊娠性肝斑の具体的な症状と原因は?

おでこや頬などにシミが登場したり、脇やVライン、
お腹周りの色素沈着がひどくなったりするというもので、
原因は妊娠中に増加する卵胞ホルモンやメラノサイト刺激ホルモンだと言われています。

 

ある意味妊娠中は仕方ないものとして取り扱われ、
出産後や月経開始後に自然と消えるとも。

 

でも絶対にそうとは限らないのが怖いところです。
というのも、メラノサイト刺激ホルモンは通常に戻っても、
増えたメラニンは元には戻らないからです。

 

通常よりもメラニンができやすくなっている状態に
紫外線などの外部刺激を与えると、
当然通常よりも敏感に反応し、メラニンを作る量は倍増。
それがシミとしてしっかり残ってしまう場合もあるのです。

妊娠性肝斑の予防・改善の基本は紫外線予防

妊娠性肝斑はどうやったら薄くなるのか、
と言うと、まず徹底した紫外線予防が挙げられます。

 

メラノサイトを刺激しなければメラニンも作られない訳ですから、
余分な刺激を与えないようにUVカットは必須です。
その上で、メラニンを排出するように働きかけなければいけません。

さらに内側からの対策も

強い美白化粧品はデリケートな妊娠中のお肌に使うのはちょっと怖いので、
内側からのケアを心がけましょう。

 

シミを排出する作用の高いビタミンC、
その働きを助けるパントテン酸、美しい肌をキープするビオチン、
細胞を活性化する作用があり、お腹の赤ちゃんにとっても大切な葉酸、
それらの働きを助けるビタミンB群もビタミンEも欠かせませんね。

 

要は人間の体に必要なビタミンやミネラルを
バランスよく摂取しておくことが大切なのです。

 

出来る限り妊娠前と変わらない健康な状態を保ち、
産後も体力が落ちないようにすること。
それが妊娠性肝斑を悪化させず、産後にも残さないためのポイントです。

 

たった1つでビタミンもミネラルも手軽に取れてしまう理想的なものがありますよ。

 

>>27種類のビタミン・ミネラルで皮膚の細胞を活性化させる