妊娠したら肌質がオイリーに変化してきた|皮脂の分泌を抑えるには

「おめでたですよ」待ちに待ったこの言葉を聞くことができて幸せ!

 

これからは素敵なマタニティライフが待っている・・・

 

と思っていたのに、悩みが1つ。

 

妊娠してから普通肌だった私のお肌がどんどんオイリーに(汗)

 

お肌のベタベタ感がとても辛いので何とかしたい!

妊娠後に肌がオイリーになる理由

そんなあなたは、皮脂の分泌を抑える方法が知りたいですよね。
どうして突然お肌がオイリーに傾いたのか。

 

それは妊娠をキープしてくれる大切なホルモンである黄体ホルモンの働きによるものです。
黄体ホルモンはまるで男性ホルモンのような働きもします。

 

男性ホルモンの働きの中には皮脂の分泌を促す、というものがあります。
妊娠すると黄体ホルモンの分泌が増えますから、その分皮脂の分泌も盛んになっていきます。
これがお肌がオイリーになっていく原因なのです。

ホルモンバランスを整えることが重要

では、皮脂の分泌を抑えるにはどうしたらいいか。
もちろん、バランスが乱れてしまっているホルモンを整えることが大切です。

 

そうするためにはどうしたらいいかと言うと、ホルモンの分泌を促したり、
バランスを取ったりしてくれる成分を効果的に取り入れていくこと、これに尽きます。

 

かといってホルモン注射をする訳にはいきませんから、
安全な食べ物による摂取が重要となってきます。

ホルモンバランスを整える栄養素

ホルモンの分泌量の調整に欠かせないビタミンEはアーモンドやうなぎ、大豆に含まれています。
ホルモンの生成に欠かせない亜鉛はレバーや牡蠣に、パントテン酸もレバーに含まれています。

 

そしてオイリー肌の人が注目したいのがビタミンCです。
ビタミンCは化粧品にも配合されていることが多いのですが、
これには過剰な皮脂を抑制する作用があります。
そのため、化粧品とサプリメントとWで摂取している人も多いです。

 

これら有効なビタミンやミネラルを積極的に取り入れて、
乱れてしまったホルモンバランスを整えつつ皮脂の分泌を
抑えることで困ったオイリー肌から脱出しましょう。

 

何種類もサプリメントを探さなくても、
1つで必要なビタミン&ミネラルがとれるものがありますから、
それを賢く利用してみてはいかがでしょうか。

 

>>オイリー肌を脱出するための27種類のビタミンとミネラル