妊娠してから顔のシミ・そばかすが気になる|産後に残らないケアを

妊娠してからというもの、
顔にできたシミやそばかすが気になって仕方がない。

 

妊娠したら仕方ないっていろいろなところに書いてはいるけれど、
これって本当に子どもが生まれたら治るのかな、と不安に思っている・・・。

 

妊娠中は妊娠を継続させるために働く
プロゲステロンがどうしても優位になりがちです。
このプロゲステロンはお肌にあるメラニン
の製造工場であるメラノサイトを刺激し、
活性化させる作用があります。

 

そのため、顔のシミ・そばかすや体の正面に出る
正中線と呼ばれる黒いラインや、
くすみ、黒ずみが目立つようになったりしがちです。

 

見えない部分はまだあきらめがつくかもしれませんが、
毎日鏡を見るたびに目に入るシミ・そばかすは
やはり気が滅入りますね。

 

それでも「出産までの我慢、出産したら元通りになる」
と思うから耐えられるのです。

今のうちに対策しておかないと産後に残ってしまうかも!

でも、何の対策もしないと産後にもばっちり
シミもそばかすも残ってしまうって知っていますか?

 

メラノサイトが活性化されているということは、
紫外線に対する反応もいつもよりも敏感です。

 

つまり、普段よりも日焼けをしやすいということなのです。
当然シミもそばかすも濃くなります。
ホルモンのバランスが整えば活性化された
メラノサイトはもとのように戻りますが、
出来てしまったメラニンはそのままです。
産後にもしっかり残ってしまうことになります。

今のうちからできるシワ・そばかす対策

そんな非常事態を招かないためには、
妊娠中からしっかりケアをすることが重要になってきます。

 

メラノサイトが元気いっぱいでも、
紫外線などの刺激を与えなければメラニンができる量は増えません。

紫外線に負けない肌づく類

日焼け止めをしっかりしましょう。
そして、できるだけメラニンを排出できるようにお肌を活性化させる
ビタミンやミネラルをきちんととっておきましょう。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスをできるだけ整えることも大切です。
産後にまたガタンとバランスを崩さないためにも、
妊娠中からホルモンの分泌に関与する
ビタミンなどをバランスよく摂取しておくとよいのです。
これは体の調子を整える効果もあります。

 

いろんなビタミンやミネラルを
手軽に摂取するのに便利なものがありますよ。

 

>>27種類のビタミン・ミネラルで今のうちに対策する